ゴルフ肘について

最近こんなお悩みありませんか?

  • ゴルフを始めてから肘の内側が痛くなった
  • 湿布を貼っているがなかなか痛みが引かない
  • 腕に重だるさを感じることがある
  • 重いものが持てなくなってきた
  • スイング時に肘が痛い

ゴルフ肘の原因と症状

 
ゴルフ肘とは指や手首などを動かす前腕の筋肉を使い過ぎてしまい、疲労がたまってしまうことで肘の内側に炎症が起こり、痛みにつながっている状態です。主に腱を痛めており、比較的中高年に多いとされています。腱を使えば使うほど摩擦が起こりますので痛みがでた場合はしっかりとケアをしていく必要があります。
 
ゴルフ肘では肘の痛みはもちろんですが、重たい物を持ったり腕を伸ばすようにして痛みが出ることがあります。症状がひどくなると肘の内側が腫れてきたり、押さえるだけでも痛みがでてきます。
 
ゴルフ肘は前述した通り肘の使い過ぎが大きく関わっていますが、普段の日常生活で肘を使うことは問題はありません。患者様で多く見られる原因は、猫背の姿勢でゴルフをしていることです。姿勢が悪い状態でのスポーツはゴルフに限らず体に負担がかかります。スイングは本来は肩から腕、手首を連動するように振ると負担がかからないのですが、猫背の方は肩が上手く使えていない為、腕に負担かかり痛みが出るようになります。

 

ゴルフ肘への対処法

 
ゴルフ肘の治療はまず肘の炎症を起こしている部分を抑えることが重要です。根本的に治すためには肘の治療だけでなく、必ず姿勢の改善をして腕や肘に負担がかからないように改善していきます。
 

ゴルフ肘の治療の流れ

当院ではゴルフ肘の治療の際、はじめに患者様の姿勢を確認させていただき身体の歪みや痛みの原因を探します。また、患部の炎症や筋肉の張り、関節の動き等も見てから治療について説明させていただきます。治療後にハイボルテージという特殊な電気を使用して炎症を取り除く治療もございます。

 

ゴルフ肘でお悩みの方は当院にお任せください

 
ゴルフ肘のお悩みはたくみ整骨院にお任せください!当院ではカウンセリングをもとに、患者様への最適な治療をご提案致します。少しでも膝の痛みを感じたら、お気軽にお問い合わせください!皆様のご来院を心よりお待ち致しております。
 

初めてたくみ整骨院をご利用いただく患者様へ

当院へ初めてご来院される患者様は下記をお持ちください。
また、窓口で初診であることをお伝え願います。

初めての患者様へ

初めて当院をご利用いただく患者様は以下の点をご確認ください。

  • 健康保険証
  • 現在服用されているお薬やその名前がわかるもの
  • 現在、通院されている場合はその旨を担当にお伝えください

下記はお持ちの方のみお持ちください

  • 医療証
  • 診断書

たくみ整骨院の取り扱い診療

たくみ整骨院では以下の診療を取り扱いしております。診療取り扱いについて詳しくは窓口、もしくは担当にご相談ください

  • 社会保険
  • 国民健康保険
  • 組合保険
  • 共済保険
  • 老人保健
  • 障害保険
  • 労働災害(労災)
  • 母子医療
  • 乳幼児医療
  • 交通事故
  • 乳幼児

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.