四十肩について

 
四十肩とは、加齢に伴って起こる肩関節の痛みの総称です。40代で起こることから四十肩と呼ばれていますが、50代で起こる五十肩との違いは年齢以外にありません。
 

四十肩の症状と原因

 
四十肩は、肩甲骨と上腕骨をつなぐ肩関節に痛みが出るのが特徴です。痛みによって腕を持ち上げるような動作がしにくくなりますが、特に腕を外側に回すような動作をすると強い痛みを感じます。また、四十肩は痛みを強く感じる急性期と、痛みが落ち着く慢性期に分けられます。
 
急性期では、肩周辺が重苦しく感じたり、肩関節に鋭い痛みが生じたりするのが特徴で、肩回りの感覚が鈍くなる、腕に違和感を感じる、首や肩に張りを生じるといった症状につながっていきます。さらに、肩を動かした際に痛みを感じるようになり、最後は安静時にも痛みを感じるようになるため、日常生活に支障が出るケースも少なくありません。慢性期では、安静時の痛みは軽減されますが、急性期に肩関節を動かさなかったことにより関節の可動域が狭くなります。なお、四十肩は両肩に生じるケースは非常に稀で、基本的には片方の肩のみに発生します。
 
四十肩は、肩関節にある腱板という組織が炎症を起こし、その炎症が関節包という関節を覆う袋状に被膜に広がることで引き起こされます。加齢に伴って関節や腱の柔軟性が失われることで生じると言われていますが、詳しい原因については明らかになっていません。
 

四十肩でお悩みの方は当院にお任せください

 
当院では最新の機器や、勉強会などで積み重ねてきた知識・経験を持ったスタッフにより、患者様にとって一番最適な治療を提案いたします。他の治療院では良くならなかったという方もお気軽にたくみ整骨院へご相談ください。

初めてたくみ整骨院をご利用いただく患者様へ

当院へ初めてご来院される患者様は下記をお持ちください。
また、窓口で初診であることをお伝え願います。

初めての患者様へ

初めて当院をご利用いただく患者様は以下の点をご確認ください。

  • 健康保険証
  • 現在服用されているお薬やその名前がわかるもの
  • 現在、通院されている場合はその旨を担当にお伝えください

下記はお持ちの方のみお持ちください

  • 医療証
  • 診断書

たくみ整骨院の取り扱い診療

たくみ整骨院では以下の診療を取り扱いしております。診療取り扱いについて詳しくは窓口、もしくは担当にご相談ください

  • 社会保険
  • 国民健康保険
  • 組合保険
  • 共済保険
  • 老人保健
  • 障害保険
  • 労働災害(労災)
  • 母子医療
  • 乳幼児医療
  • 交通事故
  • 乳幼児

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.